アンティークドールサロンのドールブティックご利用頂きまして有難うございます。



日々の業務で1日が終わり、なかなかブログアップにはたどり着けない
アンティークドールサロンです。


本日は当店のお客様のブログをご紹介致しますね。

↓↓


http://bisque-doll-nonohana.blog.so-net.ne.jp/



*アンティークドールサロンでは、ドールブティックがございます。

今からご予約を頂きましてから年内までに仕上がるかどうかの状態ですが
有り難いことに、大変人気のあるドールブティックです。

生地の持ち込みもOKです。オーダーやリメイクなども可能ですよ。


☆ お問合せ、ご相談はアンティークドールサロン(旧星ビル)まで ☆
0

    赤ちゃんの最高のおめかし 


    「クリスニング」  という言葉をご存知でしょうか?

    キリスト教徒として洗礼式・クリスチャンネームを与えられる命名式の意味を持つ言葉です。


    -------------------------------------------------------

    むかしむかしのお話です。

    妖精や悪魔がいる。と考えられていた中世ヨーロッパでは


    キリスト教徒の家庭で生まれた子どもたちは


    「妖精や悪魔に子どもが狙われる」 と考えらており


    生まれてまもなく、神のご加護が与えられる儀式、クリスニングを行っていたそうです。

    その儀式では

    洗礼用ドレス、「クリスニングガウン」を子どもに着せていたのですね。



    き赤ちゃんが最初に身に纏う最高のおめかしなのですき




    現在はそういう宗教的な意味は薄れつつ


    日本では、お宮参りや写真撮影などに着せる。


    というイベント事や赤ちゃんのお披露目の衣装に使われる様になり、見た目の豪華さなどで人気ですね。



    新しいものですと、日本ではデパートなどのベビー用品売り場で購入出来るのではないでしょうか。

    今では残念ながら殆どが化繊で製作されています。



    アンティークファンにとっては
    「天然のもの」
    「手仕事の素晴らしさ・美しさ」
    「バックボーン(歴史)を持っている」
    ということを愛している人たちですから、何とも物足りないのかもしれませんね。



    昔からの伝統的なクリスニングドレスを着せていた時代は、


    化学繊維などない時代でしたので、もちろん天然素材の上等なもので作られていました。


    そして、クリスニングドレスは日本で言う「着物」の様な存在で、

    その家伝統のクリスニングドレスが用意され、代々引き継がれていきました。


    そして、クリスニングドレスの素晴らしさは、

    「ホワイトワーク」と言われる手刺繍やレース、デザインの美しさです。

    ルーペで確認しないと見えない細かいデザインや現代では再現出来ないほど細い糸。
    (*3枚目のお写真にデザインのアップがご覧頂けます。写真館で撮影されたということでベッドのレースが現代の機械レース(化繊)ですから
     丁度比較出来ますね。)


    どれほどの時間を費やして製作されたのか


    どんなお屋敷の子が身に纏っていたのか・・・など想像が膨らみます。

    クリスニングガウンは貴族などお金持ちの家であるほど豪華で素晴らしい手仕事が施されていたそうです。


    今日は、当店から購入頂きましたアンティークのクリスニングガウンを身に纏って


    記念撮影をされたお写真をご両親さまに許可を頂きまして皆様にもおすそ分け画像ですよ。



    ボンネットや防寒用のマントもアンティークです。




    後ろに写っている仔たちは


    「Yumiko先生の仔」ですね。


    お久しぶりですh2





    最後に   「アップ!!!」






    Happyな笑顔をありがとうございました。

    エアシャーデザインのドレス、とっても似合っています。
    パターンデザインからして、男の子ですニコッ
    デザインは、それぞれ意味があります。そのデザインに込められた願い。

    神様のご加護。 幸運が沢山訪れます様に。
    -----------------------------------------------------------------

    この子の「ママ」と「パパ」は??


    ・・・幸せになるおまじない・・・ Something Old・・・

    「ママとパパ」はコチラですよ↓↓

    http://blog.antique-ds.com/?eid=104


    *アンティークのベビー用洗礼ドレスですが、生まれて直ぐに着用されていたこともあり、
     案外小さいのです。
    アンティークのベビー用洗礼ドレスを赤ちゃんに着せたい場合には 大きくなる前に着せるか、サイズをご確認下さいね。
      もちろん、ハンガーなどに飾ってインテリアや大きいサイズのドールの夏用ドレスとしてもお勧めです。


    それでは、ドールサロンでした。皆様、ごきげんよう。。。
     
    0

      長谷川 裕子先生のお人形。 そして長谷川 裕子展 - 佇む子ども- 



      皆さまごきげんよう!


      ドールサロンです。


      本日は古くからドールサロン(旧星ビル)でお付き合いのあります


      長谷川 裕子先生の個展についてのお知らせです。


      ドールサロンのお客様も長谷川先生のファンがいらっしゃいますよね。


      当店のほうにも、長谷川先生の作品の女の子1体おりますよ。


      *この子の詳細はどうぞお問い合わせ下さい(桐塑・石塑・胡粉仕上げ)





      数々の逸品を残している長谷川裕子先生の個展


      どうぞ、お時間ありましたら足を運ばれてみて下さいね。

      ----------------------------------------------------------------------



      長谷川 裕子展   - 佇む子ども-



      会期 2015年 3月 25日(水)から 4月7日(火)
      会場 日本橋高島屋6F美術画廊彫刻コーナー *最終日16:00閉場

      長谷川 裕子先生のページはコチラから
      ↓↓
      http://www.hirokodoll.com/









       
      0

        鈴木 裕子 個展のお知らせと、アンティークドールを描こう!今年も北海道で行いますよ!


        昨年の札幌フェア会場で、

        ほんものの
        「アンティークドールを描く」という企画を行いました。

        絵を描かれた皆様には大変喜んで頂け、今年も

        芸術の街、札幌で

        「アンティークドールを描く」という企画を行います。





        --------------------------------------------------------------------------------------

        今年、2015年の札幌フェア

        会期 7/16(木)〜20(月、祝)
        場所 マリヤギャラリー3F(昨年と同じ会場です)
           〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目(時計台前仲通)
           http://www.mariya3.com/
        時間 10:00〜17:30




        期間内特別企画 「ほんもののアンティークドールを描こう」

        7/19(日)10:30〜13:30 14:00〜17:00
        7/20(月、祝)10:30〜13:30 14:00〜17:00
        *会場 マリヤ手芸店3F
        参加費 1回1名 ¥1,500-(3時間)定員各10名

        内容 指導者はいませんので参加者の皆さんに自由に描いてもらいます。
        鉛筆・水彩・パステルなど画材は問いません。

        アンティーク・ドールサロン(旧星ビル)
        11:00〜19:00 水曜定休日
        TEL 082(505)0087 FAX082(505)0012
        E-mail info@antique-ds.com

        ------------------------------------------------------------------------------


        そして、


        昨年、札幌フェアでアンティークドールたちを描いて頂きました


        「鈴木裕子」先生が


        個展が開催されるという嬉しいニュースが入って参りました。


        油彩画展
        「鈴木 裕子」個展



        日程 2015.4.4(土)〜5.31(日)
        時間 10:00〜16:00
        場所 余市ワイナリーギャラリー
           北海道余市郡余市町黒川町1318番地

        余市ワイナリーギャラリーのページはコチラから
        ↓↓

        http://yoichiwine.jp/


        当店のアンティークドールたちを描いて頂きました作品も展示されます。
        裕子さんの素敵な色彩、いつも癒されています。
        是非お時間おありの方、ご興味のある方は足を運ばれてみて頂けると幸いです。



        素敵な、マリヤ手芸店のページはコチラ↓↓
        http://blog.antique-ds.com/?page=5&cid=1


        2014年、昨年の札幌フェアの案内はコチラから
        ↓↓
        http://blog.antique-ds.com/?page=6&cid=1



        2014年、札幌フェアでのドールサロンのフェアのお楽しみ。アンティークドールを描こう。
        はコチラから↓↓
        http://blog.antique-ds.com/?page=6&month=201408


         
        0

          紅白美術合戦が開幕!


          ドールサロンがお世話になっています

          「竹部 徳真」さんが広島へやってきます。





          2014/12/18(木)〜12/24(水)

          場所 福屋八丁堀店7F美術画廊にて。(最終日5時閉場)

          〜若手男女12人が競演する師走の美術展〜

          来場された方全員に1票の投票権があります。
          若きこれからのアーティストたちの作品が勢ぞろい!
          投票用紙にお好きな作家名もしくは白組か赤組かをご記入の上、投票箱へ。


          皆様のあたたかい1票が若いアーティストに更なる発表の機会を与え、
          アーティストを育てます。
          お時間ございましたら是非足をお運び頂けましたら幸いです。



          画像 広島老舗映画館「八丁座」でのインスタレーション
             マツのオブジェ「零れ日」シリーズ(TokumaTakebe)
                    Tokuma Wooden Works    http:// t-tokuma.com/
             メイク衣装デザイン (Iori Yoshida)
                                                            ameblo.jp/suivisuivi/
                                                     

           

                              タイトル: 零れ日  まつ時
                           size: 25×φ16 木工芸,クロマツ

           
          0

            | 1/4PAGES | >>

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others